接触応力の計算

ヘルツ応力および表面下応力は、点または線接触に対して計算されます。 二つの物体の曲率半径は二つの平面で与えられます。 物体1と物体2の平面間の角度を定義できます。 両方の物体に対する応力は、等しい材料では同じになり、異なる材料では異なります。Windowsのデモ版があります here, 同じような入力ですが、追加のグラフィックス表示が可能です。
オンライン計算は、 MESYS AGによって、フリーにて提供されています。 ソフトウェアはテストされ、エラーは確認されていませんが、結果の正確性および計算の有効性については保証されていません。 使用については自己責任となります。

物体1
第1ラジアル 物体1r11mm
第2ラジアル 物体1r12mm
物体2
第1ラジアル 物体2r21mm
第2ラジアル 物体2r22mm
線接触の有効長さLeffmm
通常の荷重FnN
ヤング率 物体1E1MPa
ヤング率 物体2E2MPa
ポアソン比 物体1ν1
ポアソン比 物体2ν2
軸の角度α°
第1ラジアル ボディー1r₁₁ 5.0000mm
第2ラジアル ボディー1r₁₂ 5.0000mm
第1ラジアル ボディー2r₂₁ 5.0000mm
第2ラジアル ボディー2r₂₂ 5.0000mm
α 0.00°
ヤング率 ボディー1E₁ 210000.00MPa
ポアソン比 ボディー1υ₁ 0.30
ヤング率 ボディー2E₂ 210000.00MPa
ポアソン比 ボディー2υ₂ 0.30
通常の荷重Fn 100.00N
ヘルツ応力pH 3454.40MPa
接触楕円の主半軸a 0.1176mm
接触楕円の副半軸b 0.1176mm
δ 0.0055mm
最大せん断応力 ボディー1τMax₁ 1070.93MPa
最大せん断応力の深さ ボディー1z(τMax₁) 0.0565mm
最大八面体せん断応力 ボディー1τOctMax₁ 1009.69MPa
最大せん断応力 ボディー2τMax₂ 1070.93MPa
最大せん断応力の深さ ボディー2z(τMax₂) 0.0565mm
最大八面体せん断応力 ボディー2τOctMax₂ 1009.69MPa
最大直交せん断応力τyz 738.86MPa
最大直交せん断応力の深さz(τyz) 0.0413mm

©MESYS AG